「未分類」カテゴリーアーカイブ

『朗報 !!!! ボランテイアビザがあります』

TATによると、一般旅行客の受け入れは早くて来年初頭、最悪の場合は来年末という見通しのようです。

それを裏付けるように、TAT副総裁は『年末まで外国人観光客を受け入れる可能性は低い』との見解を示され、同時に一時検討されていたトラベルバブルも、対象国の感染再拡大によって頓挫していると発言されたそうです。

しかし、その場合タイの観光地はどうなってしまうのでしょうか?

不安は隠せません。パタヤでは街を歩いていると“売 / 貸店舗”と掲示がされているマッサージ店、Bar Beerが見受けられます。

このまま一般の外国人観光客の自由な出入国が認められないと、ホテルを始めとした観光事業は大変な窮地に追い込まれることでしょう。想像しただけでも恐ろしい気がします。

 

さて、全ビザが9月26日までに猶予となりましたが、9月27日以降もタイに滞在する場合は、ビザを取得するか、大使館もしくは領事館から何らかの証明書(帰国のためのフライトが無い、母国でコロナが蔓延しているetc.)を取得後、イミグレーションへ出頭・提出し指示を仰ぐ必要があります。

また、9月27日以降はオーバーステイが適用されるようですのでご注意下さい。

ただ、コロナ騒動にかかわらず、年々タイの滞在ビザの取得は難しくなっています。

まず、ラオスへのビザランが厳しくなりました。以前は、ビエンチャンで簡単に何回でも観光ビザの取得が可能でしたが、今は予約制で預金通帳の提示が必要となり、人によってマチマチですが3回目位を越えると観光ビザの取得が出来ないケースも出てきました(5回取得出来た方もおられれば、3回目で次回は取得不可の方もおられますので、何回までなら大丈夫かは分かりません。担当係官の裁量によるようです)。

また、NO-VISAの方の年間の滞在日数が90日となったため、カンボジアへのビザランにも限度があります。

そして、ED-VISAは取得可能でも、語学学校での長期の維持が難しくなってきました。

50歳以上の方であればリタイヤメントビザの取得が可能ですが、50歳に満たない方はリタイヤメントビザの申請が出来ません。

でも、タイで長く生活したい、何とかタイで長く暮らしたいという方、そのような方にお勧めしたいのがボランテイアビザです。1回取得されると1年間有効で更新が可能です。

また、ボランテイアビザといっても、実際にボランテイア活動をする必要はありません。

なお、ボランテイアビザは滞在が可能ですが、就業は出来ませんのでご注意下さい。

 

詳しくはオールパタヤへお問い合わせ下さい。

『ビジネスビザからリタイヤメントビザへの切り替えに関して』

タイでコロナ騒動の影響が目に見える形で私達の生活に影響を及ぼし始めてきたのは2月頃からでしょうか?

今は8月。タイ、特に観光地はもう半年以上もコロナに苦しめられています。

オールパタヤの社長さんは、とっちゃんTVで『一般の方々の自由な出入国は10月頃からでは』と話されていましたが、どうも雲行きが怪しくなってきたような気がします。

どうでしょうか、ハイシーズンの11月か12月に何とかという雰囲気ではないでしょうか?

私の予想が外れ、オールパタヤの社長さんが言われる10月から自由な出入国が許可されるのであれば本当に良いのですが(そう願っております)。

それにしても、日本の国内感染者数が減らずヤキモキしている日々です。いったいどうなっているのでしょうか、日本は。

東京の一日当たりの感染者数は400人超!! 沖縄では“緊急事態宣言”発令!!!! お盆の帰省ラッシュで、コロナが日本中に拡散しなければ良いのですが。。。心配です。

さて、最近ビジネスビザからリタイヤメントビザに切り替えられる方がかなりおられます。

タイで仕事をされていて定年を迎えられそのままタイでの生活を希望される方、転職先を探す時間が欲しいため一時的にリタイヤメントビザを申請・取得される場合もあるようです。

ビジネスビザからリタイヤメントビザへの切り替えは難しくありませんし、また申請・取得のために第三国へ出国する必要もありません。

ただ、リタイヤメントビザの取得には、通常パスポートと銀行預金通帳があれば十分ですが、ビジネスビザからの切り替えからの場合は、もう1通用意して頂かなければならない書類があります。それは“ワークパーミットの返納証明書”です。

ワークパーミットを労働監督署に返納された際、その返納証明書を労働監督署から必ず受け取って下さい。

現在勤務されている会社の退職証明書では、リタイヤメントビザの申請・取得には使用できませんのでご注意下さい。

なお、将来、再度リタイヤメントビザからビジネスビザに切り替えることは可能ですが、一度第三国へ出国される必要がありますので、この点も心に留めておいて下さい。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

『タクシーはやっぱりオールパタヤです』

タイでは“We travel together”が好調で、7月下旬の4連休、観光地は多くの人出で賑わいました。

しかし、観光業界の総収入約3兆バーツの内、三分の二の2兆バーツは外国人によるものとのこと。国際線はほとんど運航休止、タイ国内におられる方々の移動も自粛気味ですので航空会社は青色吐息。ついにNok Airも経営破綻してしまいました。

やはり、観光立国の復活には外国人の自由な入出国が必要不可欠のようです。

 

しかし、日本のコロナ感染者数から考えて致し方のない決定かと思いますが、タイ国際航空(TG)は日本路線の運休を9月末日まで延長。

いったい何時になったら自由な海外旅行が出来るようになるのでしょうか?

それとも、もうそのような日は二度と来ないのでしょうか?海外へ行く、その都度病院で健康診断書を作成してもらわなくてはならないのでしょうか?

そのようなことを考えていると、海外旅行大好き人間の私は生きる気力が無くなりそうです。

 

さて、今日はタクシーのお話。

パタヤ市内のあちらこちらに、黄色と青色のタクシーが客待ちをしています。私は、1回利用してもう2度と使うことは無いと心に決めた嫌な経験があります、もうかなり前のことですが。

Central Festivalでタクシーの運転手と交渉し、バンコクのCentral Chidlomまで1,500バーツ(ガソリン代、高速代込み)という事になりました。

車はセントラルパタヤからスクンビットを左折してガソリンスタンドへ。しばらくして『別のタクシーに乗り換えてくれ』とのこと。言われたままに乗り換えてタクシーは一路バンコクへ。

しかし、バンコクの入り口付近の料金所でいきなり『高速代!!』の請求。

『もう払いましたよ、さっきの運転手に、1,500バーツ。高速代とガソリン代込みで。』

『えっ。私は、700バーツしか受け取ってない。高速代はお客が払うと。』

なんと、あのパタヤのタクシー運転手は、紹介料として800バーツをせしめていたのです。

しかも、高速代はお客持ちと言い含めて。私は、高速代の支払いをお断りしましたが、全く後味が悪いです。(おとなしい運転手の方でしたので、高速代を払わずに済みましたが)

この運転手、バンコクからパタヤまでお客を運び、復路の客待ちをガソリンスタンドでしていたのでしょう。損はしないものの、小遣い稼ぎにはならないようで哀れと言えば哀れです。

それにしても後味が悪いのはパタヤのタクシー。商売上手といえばそれまでですが。

宣伝になってしまいますが、やはりタクシーは信頼のおけるところに予約されることをお勧め致します。

『90日レポートは8月1日から8月31日までに』

最近一番多いお問い合わせは、90日レポートの提出期限です。

イミグレーションの告知によりますと、8月1日から31日までの間にとなっております。

オールパタヤでも90日レポートの代行は行っておりますが、間際になりますとイミグレーションの混雑が予想されますので、余裕のある日程でご予約されるようお願い申し上げます。

 

また、前回もお話し申し上げましたが、陸運局(免許センター)が大変混雑しております。オールパタヤのお客様で7月23日に予約された方のアポイントメントは、1か月以上も先の9月9日になってしまいました。特に、日付の指定は出来ませんのでご注意下さい。

これも前回書きましたが、免許証の更新は、失効後1年間は有効ですので、お急ぎの事情が無ければ、今しばらく様子を見られ、混雑状況が一段落されてから更新されるのが良いかと思います。

なお、緊急事態宣言が発令されている間は、失効した免許証でバイクや車を運転していても違反にはならないそうです。

 

前週末から今週初にかけて4連休がありました。土曜日と日曜日、久々にオールパタヤの前、セカンドロードが渋滞していました。4月以降、見ることが出来なかった光景で、チョット興奮しました。

お隣のCentral Festivalでもたくさんの家族連れが見受けられました。

もっとも、Bar Beerは相変わらず閑散としており、こちらはやはり国外からのお客様が来タイ出来るようになるまでは厳しい状況が続きそうです。

 

それにしても、日本の感染者数は一向に減らないのはどうしてなのでしょうか?東京は相も変わらずの高水準で推移。これでは“トラベルバブル”の対象国から本当に外されてしまうのではないでしょうか?

タイ国観光相は、9月からの“トラベルバブル”を目指しています。何とか日本の方々にも9月から来て頂きたいものです。

『9月26日まで、自動延長』

7月31日までであった外国人の滞在期限が9月26日まで自動延長になりました。

7月中旬の段階では、『8月以降の延長は行わない』とされていました。

しかし、日本人を含めた多くの外国人が第三国への出国が出来ない、航空便が無いといった事情からタイでの滞在を余儀なくされており、今回の自動延長は致し方のない措置かと。

本件に関しまして、先々週あたりから、オールパタヤにも多くの日本人の方々からお問合せを頂きました。

今回は、結局9月26日まで自動延長という事で落ち着きましたが、先行きは全く見通せません。

何しろ、日本国内の感染者数が全く減らず、7月の感染者数がすでに4月の感染者数を越えているとのこと。東京だけで連日200人超。

『9月から“トラベルバブル”を実施したい』という発言をタイ観光相がされていますが、このままでは日本が“トラベルバブル”対象国から外されてしまうのではないかと心配です。

観光立国のタイですので、1日も早く観光客を迎え入れたいというのが本音かと思います。ホテルは大変な状況かと思われます。

しかしその反面、このブログで何回か書きましたが、タイの方々はコロナに関して大変警戒しており、まだ外国人の方々に来て欲しくないと考えておられる方が多数おられるのも事実です(時に過剰反応とも思えます)。

タイ国政府はバランスをとるのが大変難しい判断を迫られているようです。

 

さて、現在、陸運局(免許センター)は大変な混雑となっています。新規取得、更新ともご本人が事前に陸運局(免許センター)へ出頭して、予約することが必要となっております。特に外国人の受付は1日14人までとなっており、大変厳しい”狭き門”です。

ちなみに、7月21日に陸運局(免許センター)へ出頭し予約されたオールパタヤのお客様は、8月20日に手続きが出来るという状況です。

ただ、免許証の更新は失効後の1年間は可能ですので、更新の方はしばらく様子を見られた方が良いかも知れません。

詳しくは、オールパタヤへお問合せ下さい。

”Ramada Mira North Pattaya” 7月末までのスペシャルプロモーションです!

   ’’RAMADA MIRA NORTH PATTAYA”より7月末までのスペシャルプロモーションプランの紹介です。

Radama Mira North Pattayaは世界80カ国に展開するホテルグループWyndham Hotelsが運営する5つ星ホテルとなります。通常プランでは最初の3年間は6%の賃貸保証プログラムを、4年目から27年間、購入価格に応じた全体の稼動利益(宿泊費)70%の利益分配が提供されます。また、ホテル内のバーやレストラン、多目的ホールの利益の30%も購入者に利益分配されます。国際的に有名なラマダ – ウィンダムホテルによって管理され、世界中で高品質のサービスで一貫した評判を得ています。パタヤ最新、最大級のショッピングモールより600mとの好立地。購入後の転売も可能となります。
プレビルド物件となり2022年中期の完成予定となります。

7月末までのスペシャルプロモーション!!のご紹介です。大変魅力的な買取保証付きプランです。建設中の2年間もリターンが約束されるのが嬉しいです。

プロモーションA: 契約時50%支払い、5年後に購入時価で買い取り!

**250,000 THB 割引

**5年7%保証 = 35%

**完成まで毎年5%リターンX 2年 = 10%

**共益費5年無料(平米数x60 THB/月 x 5年)

**修繕積立金無料 (平米数x600 THB)

**無料で年間14日間ホテル滞在(休日、祭日、11月~2月、ソンクラーンを除く)

**45%リターンの5年後に購入時価格で買い取り!!

——————————————————————————

プロモーションB: 契約時100%支払い、5年後に購入時価で買い取り!

**350,000 THB 割引

**購入価格から3% 割引

**5年7%保証 = 35%

**完成まで毎年5%リターンX 2年 = 10%

**共益費5年無料 (平米数x60 THB/月 x 5年)

**修繕積立金無料 (平米数x600 THB)

**無料で年間14日間ホテル滞在(休日、祭日、11月~2月、ソンクラーンを除く)

**45%リターンの5年後に購入時価格で買い取り!!

プロジェクト名:Ramada Mira North Pattaya
デベロッパー:Habitat Group
ロケーション:North pattaya 2/2,Muang Pattaya,Banglamung,Chonburi,20150
建築開始:2020年3期
完成予定:2022年2期
階数:8階建て
戸数:339ユニット
棟:2棟
フロアの高さ:2.40M
駐車場:70
ユニットタイプ:Deluxe(29~40sq.m)
Junior suite (45sq.m)
Suite (55sq.m)

眺望:ガーデン、プール、シティー

共有設備:フィットネス、ビジネスセンター、レストラン、会議室、プール、プール、バー、ジャグジー、キッズクラブ、セキュリティー

金額:4,137,000THB~

 

RAMADA MIRA NORTH詳細http://段落 http://all-pattaya.com/estate/real-estate-list/ramada-mira-north-pattaya-%e3%80%80%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%88-%ef%bc%88%e5%a3%b2%e8%b2%b7%ef%bc%89%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%ab%e3%83%89%e3%80%80

御問い合わせはオールパタヤ不動産まで allpattaya.tae@gmail.com

http://all-pattaya.com/estate/

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
新規ページで開きますので、このページは続けてみられます。

オールパタヤ公式ライン
オールパタヤへのお問合せはラインが便利。タイ旅行時は忘れずに

 

パタヤの不動産
オールパタヤ不動産がお手伝い致します。宅建取引士が常駐

 

オールパタヤで安心タイ旅行
タイのホテル予約はコンシェルジュ付きのオールパタヤで安心タイ旅行

 

オールパタヤ見積もり
こちらからタクシー送迎ツアーなどの見積もりができます

 

オールパタヤの質問QA
まずはQ&Aを御覧ください。問合せもこちらからどうぞ

パタヤでゴルフ

各種タイビザ取得 リタイアメントビザ”

レンタルWIFI レンタル携帯

タイの運転免許証 日本免許証から簡単取得 ビザ無しツーリストok

↓ ↓ ↓ オールパタヤの安心 店舗 ↓ ↓ ↓

パタヤの老舗 カフェ 子猫のおしり 1度行っとかないとオールパタヤ事務所もここです

パタヤのボディワックス
body waxのご予約はこちらから 男性もOKです

 

パタヤの居酒屋獏
居酒屋 獏のご予約
KABUKIのご予約

パタヤの激安カラオケ おっパブ 全室個室 お触りキャバ セクシーレストラン カブキkabuki
ウォッキン横丁|ホルモン焼き、乄の激旨ラーメン、タイ女子大好きムーガタ、更に朝五時まで飲みなおし!2時間飲み放題 アサヒ生ビール各種サワー 199B !!!!なんと2階はHな事に そっそっそこはダメ カァ

本格 炭火和牛焼肉 澤  焼肉澤がオープン致しました。肉食べたくなってませんか?お弁当各種出前も承ります。[/caption]

今直ぐ?せっかちネぇ LINEはこちらから

ジョーデリ出張マッサージ
ジョーデリ出張マッサージ
パタヤに来たら呼んじゃいましょう

『トラベルバブル』

検討されている8月からの一般観光客の入国許可、最終結論はまだ出ていないようです。“トラベルバブル”の対象国(日本、中国、韓国、etc)で感染者数が増えていることによる慎重論、大打撃を受けた観光産業の救済のため少しでも早く外国人の入国を許可したいという意見の両方があり、目下、妥協点を模索中のようです。

そのため、連日のニュースでも、以前の発表と食い違うことが多々有るようで、関係者は戸惑うばかりです。救いは、Bar Beerなどの風俗営業が再開されてからもタイ国内の感染者数が引き続き“ゼロ行進”という事でしょうか?

もっとも、Bar Beerを外から拝見するかぎり、相変わらずマスクの着用無しの濃厚接触ですが、あまり盛況とは言えないようで、女の子がビリヤードの練習をしていたりします。

 

しかし、何よりも心配なのは日本です。東京だけで連日200人以上の感染者が発生しており、コロナ感染の第二波ではないかと懸念されます。国内感染者数“ゼロ行進”を続けているタイとはまさに雲泥の差で(タイでの感染者は帰国者のみです)、驚くばかりです。

確かに、タイと日本とは人口の数、経済規模が異なりますので単純には比較できませんが、このような状態が続きますと“トラベルバブル”の対象国から日本が外されるのではないかと心配になります(日本の皆さん、頑張って下さい)。

 

ところでこの“トラベルバブル”の詳細はまだ固まってないようで様々な情報があります。そのいくつかをご紹介致しますと

・外国人旅行者が14日間の隔離検疫なしに訪問出来るのは、チェンマイ、サムイ、プーケット、クラビ、そしてパタヤ(島のように隔離しやすい観光地が有力、との説もあります、その場合パタヤは???)。

・14日間以上の滞在を義務付け、その後の検査で陰性であったら自由旅行が可能。

・まずは中国からの富裕層の入国を許可する。

といった具合で、最終的にどのようになるかは予想もつきません。正式発表が待たれます。

 

さて、パタヤの陸運局(免許センター)で免許証の取得、更新が出来るようになりました。ただ、希望者が大変多く予約制となっておりますのでご注意下さい。

また、陸運局でもあまりにも希望者が多いため、対応が二転三転しております。お手数ですが事前に弊社にお問い合わせの上ご予約下さるようお願い申し上げます。

なお、7月31日まで免除されていた90 days Reportは、7月31日までに手続きを終えられるようご注意下さい。

『7月のパタヤ』

7月は上旬と下旬に連休があり、パタヤはバンコクやシラチャからの人出が見込まれます。

上旬の様子を見ますと、Central Festivalではやはりご家族連れが目につきました。もっともマイカーで来られる方が多いので、子猫カフエの前の通りは相変わらず閑散としています。

ただ、有り難いことに、最近はタイ在住の日本人の方からタイ国内旅行に関するお問合せや送迎のご予約が少しずつ入るようになりました。

 

さて観光立国のタイにとって、今回の緊急事態宣言に伴う外国人の入国規制は大変大きな打撃となりました。タイ国政府は、ほぼ2週間おきにタイ国内の状況を見極めながら緊急事態宣言に伴って施行された規制を慎重に解除してきました。その甲斐あって、タイ国内感染者は“ゼロ行進”です。

そして、外国人の入国に関しては、やっと7月よりWork Permitを所持している方から優先的に入国を認めるに至りました。

ただ、在日タイ大使館でタイ入国許可証を取得する以外に、医療保険への加入、健康診断書、PCR検査証明書、その他の書類の準備が必要です(必要書類に関しましては必ず大使館でご確認下さい)。

また、在日タイ大使館も予約制になっており、アポイントメントがなかなか取れないという声も聞かれ、まだまだ日本人のタイへの入国は厳しいものがあるようです(現在、タイへの入国希望者は約2万人程度という情報も有ります)。

その一方、タイ政府は並行して一般旅行者の入国を何段階かに分けて認めることも検討しているようです。もっとも、詳細に関しましては様々な情報が錯綜しており、正式発表を待つばかりです。

 

ところで、皆様ご存知のように、今月から風俗営業も再開となりました。以前お話し致しましたように、再開にあたりかなり厳しい順守事項が定められていました。しかし、Soi Buakhaoを見る限りBar Beerで働いている女の子はあまりマスクを着用しておらず、Social Distanceを保つどころか濃厚接触に近い状態での営業となっていました。まあ、致し方の無いこととは思いますが。

 

このようなBar Beerの状況に関しましては賛否両論があるかと思いますが、Bar Beerはパタヤに無くてはならないものの一つであることには間違いありません。無責任な言い方になってしまいますが、間違っても二次感染を発生させないよう気を付けて頂きたいものです。

そして、何よりも日本国内での感染が広がらないよう、一日も早くタイ同様に国内感染の“ゼロ行進”が実現して欲しいものです、”日本人の入国禁止”という事態になりかねませんので。

『お待ちかね、Bar Beer営業再開!!』

いよいよ7月1日からBar Beerなどの風俗営業も再開となりました。

ただ、マスク着用、検温・入退店登録の実施、1カ月分の監視カメラの記録を保存といったことが求められています。なお、ここでもSocial distanceを守ることが求められており、一応“濃厚接触はお預け”です(マッサージパーラーでは、入浴時以外はマスク着用となっています!?)。

もっとも、『このような規制では営業にならない』といった声も多数あり、これらのルールーがどこまで守られるかは怪しいです。

一例を挙げますと、お隣のCentral Festivalでは検温などは未だに実施されていますが、当初厳格に行われていた入退店の登録はいまではほとんどフリーパス状態になっています。

二次感染が発生し再度の営業停止命令が出されないことを願うばかりです。

もっとも、パタヤは少しずつ活気を取り戻しつつあるようです。Bar Beer勤務の女性が田舎より戻り、Bar Beerなどの営業が夜中の12時までに規制されているとはいえ、やはり夜の街は賑やかになります。

あとは外国人観光客の入国を待つばかりです。

そして、一番の関心事、日本人のタイへの入国ですがやはり目下のところはビジネス関連の方が優先されています。現在はワークパーミットを取得されている方が対象ですが、段階的に緩められていくようなので、ハイシーズンの入口の頃には14日間の隔離無しで一般旅行者が入国出来るようになるのではないかと期待しています。

ただ、東京での感染が再び拡大しているのが気がかりです。“緊急事態宣言の再発令”となり、“日本人は入国禁止”という事にならないよう祈るばかりです。

 

さて、時々ビジネスビザからリタイヤメントビザへの切り替えを希望されるお客様がいらっしゃいます。タイで働かれていて、退職後そのままタイでの生活を希望されている場合、オールパタヤでは、タイから出国すること無くリタイヤメントビザへ切り替えることが可能です。

ただし、労働監督署からワークパーミットを返納したことを記した証明書が必要になります。また、ワークパーミットを返納後にご自身でビザを延長されてないことが条件となります。

なお、リタイヤメントビザからビジネスビザに切り替える場合は、タイから一度出国する必要がありますのでご注意下さい。

また、50歳未満でリタイヤメントビザの取得が出来ない方は、ボランテイアビザを取得されてタイにそのまま滞在することが可能です。

詳しくはオールパタヤまでお問い合わせ下さい。

『夜のパタヤ復活!!』

7月1日からいよいよBar Beerなどの営業が再開されるようです。現在タイではビジネス関係の方を除き外国人の入国を認めていないためどの程度の集客が可能かは不明ですが。

もっとも、お店の女の子はマスク着用、Social Distanceを保っての接客ですので、お楽しみの“濃厚接触”は難しそうです。マッサージパーラーでは、入浴時以外はマスク着用とのことです(?!)。

いったい、いつになったら“濃厚接触”が可能になるのでしょうか、心配です。

現状、パタヤに活気が戻ったとはとても言い難いでのすが、やはり飲食店内で飲酒が可能になりましたのでレストランなどではお客様の笑顔を見ることが出来ます。ナイトスポットが再開される7月以降、大いに期待したいです。

 

さて、今日はガラリと趣を変えてコロナに関して、過日ある方が発言された『日本人の高い(?)民度』を考察してみたいと思います。これは、あくまでも個人的な感想ですのであらかじめ御了承下さい。

私は、学校を卒業してから外国でずっと仕事をしてきました。本当に様々な国の人達と仕事をしました。フランスを筆頭としたEU諸国の方々、アルジェリア、モロッコなどの北アフリカの人々、ペルー、ボリビアなどの南アメリカの人々、もちろん中国、韓国、そしてタイといったアジアの方々ともあります。

仕事をし易かった国の人達もいれば、逆にシンドイ思いをさせられた国の方々もいました。もちろん、個人の資質、性格、育った環境もあるかと思いますが、相対的に見られる傾向としてお話し致します。

まず、日本人の方々はほとんどしませんが、多くの外国人に見られた困った点は、お客様がおられるにもかかわらず、店先や受付などで大声をあげて上司を罵ったり、会社の方針に抗議をすることでしょうか。

最近の若い方々に関しては良く分かりませんが、日本人の場合このような行為は会社の恥を晒すことになりますのでまずしないと思います。反面、外国人の方は“会社の看板に泥を塗る”という感覚が日本人よりも希薄なためこのような行為をするのではないかと感じます(単純に見境なく自分の感情を爆発させているという見方もありますが)。

ただ、この“会社の看板=家名”を大切にするという考え方は、多くの日本人が持つ日本の古き良き伝統かと思います(古い考え方で恐縮です)。

しかし、私の経験から感じる日本人の長所はやはりなんと言っても“勤勉”という事でしょう。時間(=納期)を守る、規則を守るといった基本的なこと、そしてそこから派生する仕事に対する“姿勢”は世界に誇れるものではないかと思います(インドネシアでは某国が入札で高速鉄道の建設を落札しましたが、納期の遅れなどが原因で入札に敗れた日本に建設事業への参加を依頼しているようです)。

『民度が違う』などと乱暴な言い回しでは無く、『日本では国民が決められた規則やルールを真面目に守っているためコロナ騒動は収まりつつある』とでも答弁されていたら良かったのではと思いますが如何でしょうか。

 

今日は変わったブログになってしまいました。なお、再度申し上げますが、あくまでも私個人の考えですので御了承下さい。