オールパタヤ・どこにも負けない価格で安全と安心をご提供

更新情報・お知らせ

運転免許の取得ルールの変更にともない、料金を一部改定致しました。NEW
運転免許の取得料金を一部改定致しました。
運転免許の書替えと更新を同時に手続きされる場合は、1日コースでの取得ができなくなりました。Qナンバー取得まで2~3週間程度お時間がかかります。
タイ免許から国際免許取得について追記しました。
ホームページリニューアルUP

タイで運転免許証を取得する(2017年4月28日現在)

国際免許証をお持ちで、タイ免許証への書き換えを行う場合、平日2日間が必要となります。

日本のような原付制度はなく(日本の原付免許ではタイでバイクに乗ることはできません)バイクは自動二輪免許(51cc以上)が必要になります。 タイのバイクは全て100cc以上で、最近の主流は125ccのスクーターが多いようです。

ご自分で書き換えをする場合は、イミグレーションにて申請書を記入提出し翌日書類を受取った後、さらに翌日パタヤから15キロ以上離れた陸運局へ行かなくてはいけません。

※受付は月曜から金曜日のみとなります。土・日・祝日は休みです。
※年末年始は12月30日~1月5日まで休みです。

弊社お取り扱い免許・その他情報

タイの運転免許証を持つメリット
免許証書き換え・取得手順
タイ発行国際免許の取得
普通免許有り・自動二輪有り・書き換えのみ
どちらかを書き換え・新規取得
免許証を新規に取得
ケース別取得手数料
道路交通法について
オールパタヤレンタルバイク
免責事項

タイの運転免許証を持つメリット

タイの運転免許証を書き換えずに下記アセアン諸国で運転ができます。アジアを周るご予定の方には必需品です。

免許証の提示で入園料、入館料等がタイ人料金になる施設もあります。

出掛ける際に常にパスポートを持ち歩けば良いのですが、それはそれで不安なものです、パスポートの代わりに運転免許証が身分証明証になる事があります。

タイ国内で飛行機で移動する場合(バンコク、チェンマイ、プーケット等)の搭乗、銀行の窓口での引出し、病院での受付なども免許証で身分証明ができます。(すべての航空会社、銀行では未確認)
また、考えたくない事ですが事故に合った場合等、タイでは身分証明証が無いと病院へ行くのに救急車に乗れない事もあります。逆に免許証で日本人だとわかれば意識が無くても運んでくれる場合もあります。

↑ PAGE TOP

日本免許への書換え

タイでの免許があればタイ発行の国際免許を取得することで、日本の免許に書き替えることが可能です。日本の免許証に書き替えが可能な免許証は、原則として5年有効のタイ免許証です。5年有効の免許証を発行するには、タイの長期滞在ビザが必要です。日本の免許証への書き替えに必要な書類や手続き方法については、日本の本籍地または居住地のある免許センターにお問い合わせください。

タイで免許を取得後、通算で3ヶ月以上タイに滞在していることが必要です。 日本で免許取り消し中や免許停止中の方はもちろん使えませんのでご注意ください。

タイ発行の国際免許で他国で運転したい場合は5年有効の免許にしなければなりません。 5年有効の免許証を取得するには、まず2年有効のタイ免許を取得、更新の際にノンイミグラントビザが必要となります。 (リタイヤメントビザ、学生ビザ、ビジネスビザなどノンイミグラントビザはOK,ツーリストは不可)

↑ PAGE TOP

国際免許の取得

既に5年有効の免許をお持ちの方は、タイ発行の国際免許証取得が可能です。

国際免許取得の場合は、ご本人の同行が不要です。
下記必要書類をお持ちの上ご来店ください。郵送でも承ります。

■必要書類
パスポート、写真2枚 4cm x 6cm(データ送付可)、タイ免許証(5年間有効なもの)

■取得までの流れ
前日10:00にオールパタヤにご来店いただき、必要書類をご提出ください。
2営業日後(15:00以降)に国際免許とお預かりした書類をお渡しいたします。

<料金はこちらをご覧ください>

↑ PAGE TOP

免許証書き換え・取得手順

■必要書類
パスポート、写真2枚 4cm x 6cm、写真が無い方は弊社にて撮影いたします(無料)、国際免許証、あるいは日本の運転免許証を日本大使館(バンコク)で英訳した書面、どちらかを持参ください。

※免許証の英語翻訳は30分ほどでで出来上がります。
※バンコクではビザ無しでは免許証の書き換えはできません。

日本の免許からの書き換え/更新

1. 1日目 10:30にオールパタヤにご来店いただき、パスポート・国際免許証(または日本の免許証と日本大使館で英訳した書面)・写真をお預かり致します。 申請用の書類数枚にお客様のサインを頂きます。
その後お客様にはいったんお帰りいただきます。

2. この間に、弊社スタッフがイミグレーションでの書類取得作業を代行いたします。

3. 2日目 07:30オールパタヤにご来店いただき、当社スタッフ同行にて免許センターへ行きます。
そこで1時間のビデオ講習(英語、安全運転に関するもの)、その後簡単な手続きと視力測定等の検査を受けます。
問題がなければその場で交付となります。オールパタヤに戻って終了です。

<料金はこちらをご覧ください>

普通免許・自動二輪どちらかが書き換え、どちらかを新規取得

1. 午前10:30にオールパタヤにご来店いただき、パスポート・国際免許(または日本の免許証と日本大使館で英訳した書面)・写真をお預かり致します。 申請用の書類数枚にお客様のサインを頂きます。
その後お客様にはいったんお帰りいただきます。

2. この間に、弊社スタッフがイミグレーションでの書類取得作業を代行いたします。

3. 翌日07:30に再度オールパタヤにご来店いただき、当社スタッフ同行にて免許センターへ行きます。
そこで1時間のビデオ講習(英語、安全運転講習)、その後簡単な手続きと視力測定等の検査を受けます。 問題がなければその場で交付となります。

4. 同時にお持ちでない免許の新規取得申請をします。書き換え手続き後、新規で取得する免許の講習、試験日を決めるQナンバーの取得が必要になります。

Qナンバーを取得した後の流れは通常新規で運転免許を取得する方法と同じです。

<料金はこちらをご覧ください>

運転免許を新規に取得する

1. 午前10:30にオールパタヤにご来店いただき、パスポートをお預かりします。申請用の書類数枚にお客様のサインを頂きます。
その後お客様にはいったんお帰りいただきます。

2 この間に、弊社スタッフがイミグレーションでの書類取得作業を代行いたします。

3. 12:30に再度オールパタヤにご来店いただき、当社スタッフ同行にて免許センターへ行きます。
そこで講習日と試験日を決めるQナンバーが発行されます。

※講習日と試験日は、免許センターの混み具合などの状況により、受付日から1~3週間程後の日程になります。

4. 講習日が決まりましたら当日午前07:30にオールパタヤにご来店いただき、当社スタッフ同行にて免許センターへ行きます。
そこで3時間程度のビデオ講習を受けていただきます。

5. 翌日7:30にオールパタヤにご来店いただき、当社スタッフ同行にて免許センターへ行き、バイクと車の実技試験を受けていただきます。
この試験に合格いたしますと、午後に50問の筆記試験がございます。
筆記試験は日本語による4択です。約2時間ほどです。45問正解で合格となります。

両方に合格いただくと視力等の検査をしていただいた後に即日免許が交付されます。オールパタヤに戻って終了です。
※実技・筆記とも試験内容を出来るだけお伝えいたします。
※※不合格だった場合。実技試験は3日後以降、学科試験は翌日以降再チャレンジ出来ます。追加1,000Bにてご同行いたします。
※※※2017年10月1日より、新規免許取得の講習は5時間x3日間に変更になる旨が発表されています。

<料金はこちらをご覧ください>

↑ PAGE TOP

ケース別取得手数料

※表内  ・B=タイバーツ  ・手続き実費、弊社手数料込みの値段です
免許書き換え 普通免許・自動二輪どちらか一つ 4,500B
普通免許・自動二輪両方 5,000B
新規に取得する 普通免許・自動二輪どちらかが書き換え、どちらかを新規取得 8,000B
普通免許・自動二輪どちらかを新規で取得する 7,000B
普通免許・自動二輪両方を新規で取得する 10,000B
タイ免許証の更新
ビザ無し2年延長
普通免許、自動二輪どちらか一つ 3,500B
普通免許・自動二輪両方 4,000B
ビザ有り5年延長
※ツーリストビザでは不可
普通免許・自動二輪どちらか一つ 4,500B
普通免許・自動二輪両方 5,000B
スペシャル1DAYコース タイ免許証(2年有効)の更新は1日で承ることができます
 ※ 国際免許証からの書き換えは現在2日間が必要となります
+1,000B
国際免許取得 5年もののタイ免許をお持ちの方
(普通・自動二輪のいずれかまたは両方)   
6,000B

↑ PAGE TOP

道路交通法について

街中ではヘルメットを着用していない人が目立ちますが、最近ではヘルメットの着用については大変厳しく取り締っています。
一方通行も沢山ありますので注意が必要です。
タイでは常時左折可能な交差点が多いですが、中には「TURN LEFT WAITING LIGHT(左折も信号待て)」と注意書きがあります。パタヤ市内でもいくつかの大きな信号では実施されていますのでご注意ください。

↑ PAGE TOP

オールパタヤレンタルバイク

レンタルショップによっては保険等が切れているバイクをそのままレンタルするお店もあります、その場合警察に捕まって罰金を払わされる事もあります。 整備不良の修理なども負担させられることもあります。

弊社レンタルバイクは保険や検査の管理はもちろんパンクや整備不良などに関しても保証いたします。

<免責事項・こちらをご覧ください>
<オールパタヤのバイクレンタルはこちらをご覧ください>

↑ PAGE TOP

免責

弊社のレンタルバイクは貸し出しの際運転免許証があることを前提としており特に免許の有無を確認しておりません。自己責任でご利用ください。

弊社の不都合にて免許取得ができなかった場合には全額返金して終了といたします。イミグレーションを含むタイ政府や警察の事情により、必要書類の作成に予定よりもお時間を頂く場合がございます。その場合お客様にお支払い頂いた弊社までの交通費や宿泊費などの返金はいたしかねますので予めご了承ください。
試験不合格の際は返金はいたしかねます、また再度試験を受けるにあたり追加の費用がかかります。

タイ政府により書類の追加などがあった場合、追加の費用がかかる場合もございますのであらかじめご了承ください。

↑ PAGE TOP