パタヤで不動産をお探しですか?
オールパタヤ不動産に全てお任せください。
10年以上の実績と経験でサポート致します。

お知らせ

一覧を見る

タイで不動産をお探しですか?

20190819_105647 (1)


タイで不動産をお探しですか?


タイは一年を通し温暖で季節の変化がなく過ごし易いです。また日本の物価よりも安いという事でタイに移住される方が増えてきております。
パタヤはバンコクから2時間、スワナプーム空港から1時間強という立地でタイでも人気のビーチリゾートとなります。
近年のパタヤはゴルフや観光は勿論、子供や家族をターゲットにした施設やレストラン等も増えております。温暖な気候でゴルフやマッサージを楽しみながら毎日をゆったりとお過すごしになるのは如何でしょうか。
オールパタヤ不動産ではパタヤエリアの賃貸物件のご契約から不動産購入、不動産管理、不動産売却、物件の賃貸客付けのサービスを承っております。


タイに移住する


日本料理が好きなタイ人をターゲットに町を歩けば日本食品、日本レストランが溢れております。日本食材もどこのスーパーに行ってもお米から調味料まで気軽に手に入る時代となっており、日本人の方でも大変住みやすい環境になったと思います。弊社の系列店居酒屋獏コチラ! 焼肉店澤コチラ!も大変ご好評を頂いております。
パタヤは観光地である為に多国籍となっております。町の看板やレストランのメニューは英語、タイ語の両方で表示され、簡単な英語が話せるタイ人が殆ど。タイ語が読めなくても充分生活に困ることはありません。
タイは日本と異なり水道からのお水を直接飲む事が出来ません。毎日の炊事や水分補給に浄水器があるとストレスなく生活することが出来ます。弊社では日本語テレビの受信や浄水器、軟水シャワーのサービスもご案内しております。 コチラ!
タイの気候は一年を通し温暖な為、衣替えがなく衣類も少量で済みます。タイのマーケットを歩けば驚く程安い衣類を購入する事も出来ますし、パタヤには日本ブランドだって購入出来るショッピングモールが沢山ございます。

このような状況から日本で退職された方の第二の人生、リタイアメントのお客様やタイに駐在するお客様のパタヤ移住者は増えております。
しかしながら、ここはタイです。’’日本はこうだから’’日本はこうなのに’’と思っていたらストレスになります。タイの言葉‘’マイペンライ!‘’を笑顔で受けいられてこそタイでの生活を充実出来ると思います。

 

オールパタヤではビザ取得、タイ運転免許、タイ銀行口座開設、空港送迎/タクシー、ゴルフツアー、ホテル、バイクレンタル、観光ツアーの各種手配も行っております。パタヤでのあなたの新しい生活をトータルサポートしております。365日、日本人スタッフがサポート致しますので安心ですね!パタヤに移住をご検討の皆様、どうぞお気軽に御問い合わせ下さいませ。
コチラ!

20200119_123125 (1)


タイでコンドミニアムや一戸建てを購入出来る?


タイで外国人にあたる私達、日本人は一戸建てや土地を購入する事が出来ません。しかしコンドミニアムに関しては私達外国人でも外国人名義で購入する事が出来ます。

タイに会社設立をして土地やコンドミニアムをタイ会社名義で購入するという手もありますがタイ人が51%の株式を所有することとなり、全くリスクがないわけでもありません。また会社維持費も発生します。
タイ不動産購入時にはタイ滞在ビザが無くても購入する事が可能となります。

外国人とタイ人の割合が決まっている
1つの建物に対して面積割合がタイ人51%、外国人49%と決まっております。
要するに私達日本人でも49%の枠が残っていればコンドミニアムを購入する事が出来るという事です。
その反対に建物の購入枠が残っていても外国人枠49%が埋まっていれば私達は購入する事が出来ません。


海外送金証明書とは


外国人がコンドミニアム購入の際の条件として海外送金証明書が必要とされます。

タイバーツ以外の外貨を外国から送金する必要があります。送金時にうっかりタイバーツ建てでの送金をしてしまうと海外送金をしていても土地局で登記をする事が出来ないので注意が必要です。

 

注意点
*タイバーツ以外の外貨で送金すること
(日本より送金の際:日本円で送金するとタイの銀行口座に自動的にバーツに交換されます。)
*送金総額が購入物件総額を上回ること(1バーツでも足りないと認められません。)
*海外送金の際には送金目的欄に英語で’’タイコンドミニアム購入の為、物件名、部屋番号を明記すること。
*売買契約書に記された購入者の名前と送金先のタイ銀行口座の名前が同じであること(コンドミニアム購入時にタイ銀行口座を作り、海外送金受け取り先とします。)
*新築物件を購入の際はデベロッパーの銀行口座に送金が可能となります。その際にはお客様本人が送金証明書を拾得せずにデベロッパーが代行して海外送金証明書を拾得してくれます。


タイ不動産購入について


プレビルド物件、新築物件、中古物件と3つのタイプに分かれます。それぞれにメリット、デメリットがあります。

 

•プレビルド物件
*建設中の購入で安く購入出来、完成までの間に価格が20%程上昇される傾向にある。
*建設中に価格が上昇した際、最終残高支払いの前に転売が可能。
*立地が良い物件や人気物件は完成後も価格が上昇する。
*企画の変更や完成の延期、最悪の場合、物件が建たないなんて事もある。(信頼のおける大手デベ  ロッパーがお勧めです。)
*完成までに時間がかかる。

 

プレビルド物件の購入の流れ
1.  手付金支払い(通常5万~10万バーツ)カードもしくは現金支払いが可能、契約金に充当される。

2.    契約金(手付金支払い後14~30日以内の支払い)
3. 分割支払い(デベロッパーにより支払い時期や%が異なります)
4. 物件完成後、残金支払いと同時に鍵の引渡し
5. 所有権移転登記
*引渡し前での第三者への転売も可能です。

 

•新築物件
*完成しているので建物や内装を確認して購入することが出来るので安心。
*直ぐに賃貸または居住出来る。
*人気物件は完成前に完売してしまう場合がある。
*残りのユニットが少なく、希望のユニットが購入出来ない。

 

新築物件の購入の流れ
1. 手付金支払い(通常5万~10万バーツ)カードもしくは現金支払いが可能、契約金に充当される。
2. 契約金の海外送金(手付金支払い後14~30日以内の支払い)
3. 残金支払いと同時に鍵の引渡し(契約金支払い後30日以内の支払い)
4. 所有権移転登記

 

•中古物件
*完成しているので建物や内装を確認して購入することが出来るので安心。
*家電、家具付きとなるので購入の必要がない。
*直ぐに賃貸または居住出来る。
*現在の市場があるので短期間での大幅な価格上昇はあまり出来ない。
*掘り出し物物件があれば格安に購入することも出来る。
*老化の際、修繕が必要な場合もある。

 

中古物件の購入の流れ
1. 手付金支払い(通常10万バーツ)現金支払いもしくは振込み、残金に充当される。
2. 契約金支払い(手付金支払い後14~30日以内の支払い)
3. 残金支払いと同時に鍵の引渡し(手付金支払い後30日以内の支払い)
4. 所有権移転登記

 

*以上が購入手続きの流れとなりますが、デベロッパーやオーナー様との契約内容により各項目の支払い時期や%(割合)が異なりますので担当者にご確認下さい。
*手付金以外の契約金、残金支払いは海外送金となります。(最終時には手付金の金額分も海外送金証明書が必要となりますので残金支払い時に多めに送金して購入金額を上回る金額分の海外送金をお願い致します。)
*お客様のご都合で契約キャンセルの際、手付金の返却はございません。
*オールパタヤ不動産では新規コンドミニアム購入の際、お客様より購入金額とは別にコンサルティング料金を頂いておりません。(タイ銀行口座開設やコンドミニアム完成時のインスペクション同行をご希望のお客様については別途、手数料をご請求させて頂きます。)


タイのコンドミニアム幾らで購入できる?


近年のパタヤ中心部の需要の多い1ベッドルーム(ベッドとリビングルームが分かれたタイプ)の平均的な大きさは30~40平米となり、広めのお部屋で50sqm前後となります。平均価格は2,500,000から4,000,000バーツ、日本円で850万円程から購入ができます。

物件購入代金以外にかかる費用
*登記費用
*修繕積立金(物件引渡し時に1回のみ支払い)
*共益費(毎年一括で支払い)
*電気、水道メーター設置費


タイには固定資産税がない?


タイで固定資産税にあたる土地建物税については変更や延期がされています。
2019年に成立した新しい土地建物税法により2020年中期より税金の徴収が開始予定となっておりましたがコロナウィルスやタイ不動産市場の停滞により2020年度は予定額の9割削減となりました。
不動産所有者は毎年1月1日の時点で納税義務を負うこととなり、同年の4月末日までに納税の必要となっています。

*コンドミニアムの居住用に対しての税率 5,000万バーツまでの物件は評価額の0.02%となります。
例えば—コンドミニアム3,000,000バーツの際  3,000,000バーツx0.02%=600バーツ程
課税はされますがほぼ無いといったものですね。

*商業用に対しての税率 5,000万バーツまでの物件は評価額の0.3%となります。
(評価額は土地局が毎年判断します。)

 

*相続税について
1億バーツ(日本円約3億5,000万円)を超える場合のみ課税対象
相続人:10%課税
直系尊属もしくは直系属卑の相続人:5%課税


売却時に掛かる費用


*登記後売却の場合
1.登記移転手数料(transfer): 2%  物件の評価額or売買価格
2.印紙税(stamp duty): 0.5% (特別事業税が適用される際は不要)物件の評価額or売買価格
3.特別事業税(busines tax):3.3%(購入より5年以内の売却の際)物件の評価額or売買価格
4.源泉税(withholding tax):0~35%(課税所得に応じて土地局の評価額と物件の所有年数で計算)

 

*登記前売却の場合
1.名義変更手数料(デベロッパーに支払う)
各デベロッパーにより名義変更手数料は異なります。通常20,000~200,000バーツ(日本円で7万から70万円)

 

*その他、不動産会社への仲介手数料5%程
*タイでは諸費用の割合に対して法律は決まっていないので売り主と買い主が話し合いの上売買契約書上で当該税金の負担者を決定することとなります。 一般的には売り主、買り主と折半が多いです。登記移転の際に土地局で現金で支払いとなります。


コンドミニアムの共用設備


 

近年のコンドミニアムは内装以外にも共用設備が大変魅力的で24時間警備、フィットネスやサウナ、スチームルームはもちろん、キッズルームやヨガルーム、バーベキュー設備、ビリヤード、ガーデン、高層型コンドミニアムでは高層階にパタヤの景色を一望できるスカイラウンジやラップトッププールも設置され各デベロッパーは共用設備でそのキャラクターを競いあっているかのように思えます。中には一流ホテルを超える程のラグジュアリーコンドミニアムもございます。

20200228_121021 (1)


コンドミニアムの維持費は?


コンドミニアムの共益費は所有なさるお部屋の面積に対して計算され、1か月あたり40~55バーツ/平米となり一年一括支払いとなります。共用設備の管理維持は全て共益費でまかなわれています。

例)1ベッドルーム、共益40バーツ、40平米を所有の場合:40バーツx40平米=1,600バーツ/月

駐車場や、共用施設に対して別途の費用は掛かりません。日本の様に指定の駐車場は無いので空いているスペースに誰でも停められます。

20200109_145912 (1)


家具や家電付ですか?


*新築購入物件
キッチン、バスルーム、トイレ、各部屋のエアコンは通常、設備されておりますが家具や家電についてはお客様が購入する形となります。(物件により家具、家電付きの物件もございます。)賃貸投資のオーナー様は最低限の家電、家具、備品が必要となります。
お部屋の眺望や立地も大切ですが最低限の家具だけでは無く日本人が普通だと思える家具や家電が顧客の決断に繋がる場合もございます。不動産投資で購入されている競争相手は沢山いらっしゃいます。安いとの理由で選んだ家具や家電で損をしていませんか?
特に日本人は良いものを見る目が肥えていると思います。オールパタヤ不動産では家具や配色についてお客様の成約に繋がるご相談もサポートさせて頂きます。
また弊社ではコンドミニアム、お部屋の管理も承っております。
パタヤ不動産を所有なさるオーナー様、購入後の管理に悩まれておりませんか?利用しない間のお部屋の管理や公共料金の支払いを代行致します。
コチラ!

 

*賃貸物件
タイでは日本と異なり、家電、家具、備品付きでの賃貸契約となります、お客様はバッグ一つで入居でき直ぐに新しい生活がスタート出来きます。
各オーナー様により部屋の設備は異なりますので契約前にご確認下さい。
賃貸の内覧は入居希望日の1~2ヶ月前よりご案内しております。
お客様のご希望エリア、条件、ご予算をお伝え下さい、現地を知り尽くした日本人スタッフがサポート致します。
コチラ!


パタヤ賃貸価格


賃貸のお客様をご案内しておりますと最近、パタヤの隣町シラチャからパタヤに映られる方が増えました。その理由としてパタヤは解放感がある、デパート等の商業施設が多い、シラチャよりも住居が安いとお客様よりお聞きします。パタヤの中心部1ベッドルームでの平均賃料は16,000バーツ~25,000バーツ前後、2ベッドルームは25,000~40,000バーツ程となっております。(眺望や階数、お部屋の内装により価格が異なります。)建物が同じでも各部屋のオーナー様によって家具や電化製品等の備品は異なります。電気、水道、インターネット等の費用はお客様負担となります。

20200229_122518


パタヤのエリアについて


パタヤのエリアをご紹介致します。パタヤには大きく別けて7つのエリアがあり、およそ20kmにわたるパタヤの海岸は北はナクルア、南はジョムティエンまで続き各エリアごとに魅力が異なります。

*ナクルア
ヨーロッパの長期滞在者が多く、レストラン、カフェも立ち並んでおり北のナクルアから大通りにはタクシー路線がありサウスパタヤまで直結しています。新鮮なシーフードが購入できる魚市場や市場もあります。

*ウォンアマット
閑静で高級ホテルが立ち並びビーチフロント物件が多いエリア、タクシールートまでは徒歩となり、少々不便ですがビーチスポーツや団体観光客がいないため海が綺麗でご家族連れの駐在様に人気。
ビーチフロントのお洒落なレストランやカフェもあります。

*ノースパタヤ
大型老舗ホテルやレストラン、ショッピングモールがひしめくエリア。2019年にオープンした大型ショッピングモール、TERMINAL21が人気です。南まで続くビーチロード、タクシールート路線となります。スーパーマーケットMACRO,生活雑貨ショッピングセンターLOTUS,バンコク病院では日本人通訳が駐在しておりいざという時に安心です。

*セントラルパタヤ
言わずと知れたパタヤの中心!商業施設が密集しタクシールート路線。大型ショッピングモーCENTRAL PATTAYA BEACH,映画館のあるショッピングモールAVENUE,観光から長期滞在者までパタヤで人気エリアとなります。年に一回の花火大会開催地。

*プラタムナック
パタヤ、ジョムティエンエリアの間に位置し、近年コンドミニアムの開発が盛んになっています。
タクシー路線が少なく、バイクや車が無いと不便ですがパタヤ市のジョギングコースや緑が多くヨーロッパの方に人気エリアです。人気の絶景カフェやレストランがあります。

*サウスパタヤ
ウォーキングストリート等、ナイトライフを楽しめるエリア。パタヤから30分程で行けるラン島までの船着場や2017年にはLoyal Passenger Linerというパタヤとホアヒンを結ぶフェリー路線の発着地があります。ショッピングモールROYAL GARDEN,スーパーFRIENDSHIP,ITモール、タクシールート路線、サードロードはタクシー路線外となります。

*ジョムティエン
近年、開発が進み次々と新規コンドミニアムプロジェクトが出ております。ヨーロッパーの長期移住者が多い。ビーチロードはタクシールート、ジョムティエンセカンドロードはタクシールート路線外。ビーチでは年に数回のマリンスポーツ大会が開催されており、ビーチロードでは人気シーフードレストランが立地並びます。

20200527_180850


パタヤのお勧めエリア


パタヤ全体ではコンドミニアムの建設状況は増えておりますが実際に購入や賃貸募集にお客様の需要があるのはセントラルエリアやビーチフロント物件となっております。その理由はショッピングセンターやスーパーが近距離、移動手段のタクシールートが人気エリアとなっております。コンドミニアム価格上昇しているのもセントラルエリアや各エリアのビーチフロント物件となります。将来的にも景色が変わらないビーチフロントのコンドミニアムや需要の多い中心部のコンドミニアムがやはり価値のあるものではないでしょうか。
不動産投資のセミナー等のお話をよく聞きますが、本当に価値のある物件をお選びでしょうか?オールパタヤ不動産では現地パタヤを知り尽くしたスタッフがお客様のご要望に沿った目線からアドバイスさせて頂きます。他社でご購入されたパタヤのコンドミニアムに関してもその後の管理や客付けを承っております。あなたの大切な物件の運用を弊社お任せ致しませんか?

20200528_170236


今後のパタヤ


*バンコクとラヨーンを結ぶ都市間高速道路の延長 2020年5月開通(パタヤとウタパオ間が20分!)
*ドンムアン空港、スワナプーム空港、ウタパオ空港の3空港を結ぶ高速鉄道 2024年開通予定
*ウタパオ空港拡張契約の締結 2025年完成予定
*パタヤ市内(ノースパタヤ~バリハイ9km間)モノレール計画を発表

WEB1

現在、新型コロナウィルスの問題で世界中のビジネスに影響が出ています。タイ不動産も停滞気味、賃貸価格も下がっている傾向にありますが一時的なものだと考えられ2〜3年後には活気のあるパタヤに戻るのではないでしょうか。
2020年5月パタヤからラヨーン間の高速道路の延長が開通となりました。そしてウタパオ空港拡張の契約が締結しました。ウタパオ空港拡張では事業総額2,900億バーツをかけて2025年までに新旅客ターミナルや物流センターを新設予定し成田空港が運営に協力する予定です。更にドンムアン空港、スワナプーム空港、ウタパオ空港の3空港を結ぶ高速鉄道が2024年に開通を予定しています。このプロジェクトにリンクしパタヤ市は全長9kmのモノレールを建設する旨を発表しております。
このうような事から今後パタヤの更なる発展が望めます。そしてパタヤ不動産への期待も充分に高まるのではないでしょうか。