「パタヤな日常」カテゴリーアーカイブ

明日から4月

暑さも厳しくなり、タイで一番暑い4月になります。そして、いよいよソンクラーン休暇も目前になりました。

今年も昨年と同様に“水かけ”は禁止となり、手のひらに水を注いだり、仏像へ散水したりする伝統的な行事のみとなりました(”水かけ”が嫌いな筆者には有り難いことですが)。

オールパタヤのお隣のCentral Festivalにも小さな仏像が用意されていました。

一方、Central Festivalでは長らく海外旅行を楽しめない方々のために、ハワイやモルデイブの雰囲気を楽しんでもらえるような工夫もされていました。

今年のハイシーズンには。。。

タイでは“トラベルバブル”を始め、昨年来、海外からの旅行者を迎え入れる企画が浮かんでは消え、浮かんでは消えを繰り返してきましたので、糠喜びは出来ませんが遅くとも今年のハイシーズンには皆様にお目にかかれるのではないかと期待しております。1年を超えるコロナ騒動、その足取りは牛の歩みのようにゆっくりではありますが着実に収束には向かっているようです。

タイ政府観光庁の話では、早ければ一部の地域で7月から、遅くとも10月にはタイ全土で隔離が撤廃されるようです。

もっとも油断は禁物です。南米のチリではワクチンの接種が順調に進んだものの、国民の間に安心感が広がり過ぎてしまい、それが気の緩みとなってコロナ感染が再拡大し首都サンテイアゴでは再度ロックダウンとなったと聞きました。

パタヤでも、時々検温をしないでコンビニなどに入店される方を見かけますが、まだまだ気を緩めることなく緊張感を持って日々を過ごしたいものです。

気になる日本の状況

それにしても心配なのは日本の状況です。緊急事態宣言が解除されたものの、再び感染者数が増加に向かっている様子です。また、厚生労働省などの関係省庁の方々の発言にもしばしば訂正があり実に頼りない限りです。

加えて、ワクチンの接種のスピードが極めて遅く、このままでは今のワクチンの接種が日本国民に行き渡る頃には“変異株”が蔓延し、既に実施されたワクチン接種そのものが無駄になってしまうのではないかと、素人ながら心配してしまいます。

目下、東京オリンピックの開催方法が検討されているようですが、IOCの収入減や観光客による経済効果の減少といった問題もあるかと思いますが、まずは感染の再拡大が無いよう万全を期して欲しいものです。

隔離期間、短縮へ

ついに隔離期間の短縮が発表されました。

4月からコロナワクチンを接種された方は隔離検疫期間が7日間となりました。

また、コロナワクチンを接種されてない方でも陰性証明書があれば隔離検疫は10日間で済むそうです。

やっと一歩前進、と言ったところでしょうか。

ただ不確かな情報ですが、隔離期間の全面撤廃は可能であれば7月から、遅くともハイシーズンに入る10月頃をメドにしているそうで、全面撤廃までもう少し時間がかかるようです。

変異ウイルスの恐怖

素人考えで恐縮ですが、これから一番気を付けていかなくてはならないのは、ブラジルなどで猛威を振るっている“ブラジル型変異ウイルス”などの“変異ウイルス”の発生ではないでしょうか?

新規感染者数がブラジルでは1日8万人を超える日もあり、ブラジルは今やアメリカを超え新規感染者数では世界最多数となってしまいました。

最近ようやくファイザー・ビオンテック製ワクチンと英アストラゼネカ製ワクチンが“ブラジル型の変異ウイルス”に有効であることが分かり始めたようです。

しかし、ブラジルではワクチン接種が始まっているものの、中国科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製のワクチンが主流で、その有効性には疑問符がついているとのことです。

この“ブラジル型変異ウイルス”は、昨年の12月にブラジル北部のマナウスで発見され、厄介なことは従来型と比べて1.4倍から2.2倍広まりやすく、既に感染して得た免疫を25~61%避けられるとの報告があります。

つまり、万が一抑え込みに失敗してしまうと、新たな変異ウイルスを生み出してしまう恐れがあるろいうことです。これだけは避けて欲しいものです。

待たれる“収束”

ところで、いつになったらマスク無しで自由な海外旅行が楽しめるようになるのでしょうか?

昨年の9月16日にこのブログで引用させていただいたNHKの中村幸司解説委員の言葉が思い出されますので、再度掲載させて頂きます。

 

『シュウソクには終息収束がある。世界中から感染者がいなくなる終息はおそらく難しくて、収束を目指すということです。収束はどういう状態かというと、感染する人はいるけど、ワクチンや治療薬で重症化したり死亡したりする人を減らして、ある程度、普通の病気と言えるくらいまでこの感染症による健康被害を抑えられるようになること。ウイルスの見えづらさからすると、世界の一部の地域で感染を抑え込んで、一部の地域では感染が続いているという状況にはならない。結局のところ地球規模で収束させることができないと収束って言えない

 

某国の大統領は「コロナは風邪」と言っているようですが、まだまだとても普通の病気と言える状況ではないようです。

中南米やアフリカの国々にもどんどんワクチンを供給し(そのような余裕はまだないのかも知れませんが)、新たな変異ウイルスが発生して収拾がつかないといったような状況にだけは陥らないようにしてもらいたいものです。

ワクチン接種

タイは日に日に暑くなり、暑期を迎えつつあります。はたして今年のソンクラーンは“水かけ”はあるのでしょうか?

さて、タイにもワクチンが到着しやっと接種が始まるようです。もっとも、パタヤのあるチョンブリ県は優先的に配布されるバンコク都と8県には含まれませんでした。なお、パタヤと並ぶ観光地であるプーケットやチェンマイも含まれませんでした。やはり感染源となった県や感染被害の多かった県が優先されているようです。

タイは、日本と同様にワクチンの確保・接種が他国と比べて“周回遅れ”となり、一般の方々へのワクチン接種はいつになるのか気になっていたところです(イスラエルは1回目が全人口の40%、チリでも1回目が全人口の10%の接種が終わっているそうです)。

因みに、日本国内では医療従事者や高齢者へのワクチン接種を6月末頃までに終了し、その後一般の方々へ接種を開始するという流れのため、一般の方々の接種は7月以降になるとか。もう東京オリンピックにはとても間に合いそうもありませんので、開催されたとしても“無観客”が無難なのではないでしょうか。確かに入場料収入は大切ですが、万が一再度コロナ感染が発生すると取り返しがつかないことになるのではないでしょうか?(個人的には、日程の調整などが難しいかもしれませんが再度の延期が良いと思っております)

ところで、気になることはタイ在住の外国人への接種はどうなるかということです。アンケートによると、外国人のワクチン接種は必要ではあるが、全額自己負担という回答が一番多かったように記憶しています(僅差で納税者は無料となっていました)。

隔離撤廃はいつ?

一方で、4月からパック旅行を販売、ワクチン接種済みの方は隔離を撤廃もしくは隔離期間の短縮といったようなことをタイ政府観光庁が中心となって検討しているようです。

もっとも昨年から“トラベルバブル”など様々なアイデアが検討されてきましたが、残念ながらどれも実現には漕ぎ着けていません。

それでもワクチン接種が開始され、タイでも日本でもおぼろげながらコロナ騒動の収束が見えつつあるようです。ワクチン接種が行き渡り、コロナ感染が収束されれば自ずから出入国が自由になるかと思いますので、間違っても今秋以降、今年のハイシーズンまでには“入国後の隔離”が撤廃されることと期待しています。

待ち遠しい外国からの観光客

今年は地球温暖化の影響なのか、パタヤの日差しはかなり強くなってきました。例年は2月下旬頃から徐々に暑さが増し、ソンクラーンの頃に暑さがピークになるように思いましたが。

厳しさが増すパタヤ

さて、2月に入りロックダウンが解除され、Bar Beerも復活、レストランでの飲酒も可能になりました。

しかし、1年以上に亘る“コロナ騒動”の影響は大きく、Walking Streetにあった“King Seafood”の休業は話題になりましたが、それ以外にも休業や廃業に追い込まれた店舗や会社は数知れません。

昨日、Facebookにアップした動画にもありましたが、オールパタヤのご近所のマッサージ屋は数えるほどになってしまいました。

確かに、パタヤの場合マッサージを利用する方は圧倒的に外国人観光客の方々が多いわけで、これだけ長期間にわたり外国人観光客の方々が入国出来ない状態が続くと経営が立ち行かなくなってしまうのでしょう。

また、コンビニの休業(閉店?廃業?)も目立つようになってきました。筆者の住居のご近所のSeven ElevenとFamily Martが1軒ずつ休業になりました。

なお、最近Seven Elevenでは配達だけではなく、従業員の方々がショッピングカートや籠に商品を詰めて売り歩いているのを見かけます。このような光景を目にしますと、タイの経済状況の厳しさを実感します。

ワクチン接種と外国人受け入れ

ところで、プーケットでは“人口の少なくとも70%がワクチン接種を受けた後の2021年10月1日頃に、隔離検疫なしでの外国人観光客受け入れを目指す”という全く気の遠くなるような話し合いをしているそうです。

プーケットの状況は分かりませんが、10月はハイシーズンとは言うもののそんな先を目標にしていて大丈夫なのでしょうか?

そのワクチン接種、世界で一番ワクチン接種が進んでいる国はイスラエルだそうですが、欧米諸国や中南米諸国ではワクチン接種がかなりのスピードで進んでいるようです(日本は????)。

タイは2月下旬頃からワクチン接種開始とアナウンスされているようですが、どうなるのでしょうか?

中国と緊密な関係にあるタイは、中国製のワクチンを使用する可能性が高そうですが、中国製の偽ワクチン問題は大丈夫なのでしょうか?

そして、外国人滞在者もワクチン接種は可能なのでしょうか?

心配の種は色々と尽きませんが、何とかワクチン接種の開始を転機としてコロナ騒動が収束に向かうことを願って止みません。

ワクチンパスポートの提案

コロナ感染が世界中に広がり、外国からの観光客の方々の入国が制限されるようになり約1年が経過しました。特にタイでは昨年末にバンコク近郊でコロナの感染が拡散して以来、2度目のロックダウンとなりました。

最近、感染が収束する様子を見せ始めたためどうやら2月以降には一部の地域を除いてロックダウンが段階的に解除されるようです。

2月といえば“Chinese New Year(中国正月)”。パタヤではWalking Streetを清掃したり、オールパタヤのお隣のCentral Festivalでは中国正月の飾りつけも見られるようになりました。

ところで、外国人の方々の入国で最大のネックはやはり“隔離検疫”です。そこで、タイ国政府観光庁(TAT)総裁から、新型コロナウイルスのワクチン接種をすることで“隔離検疫”なしでタイ旅行を可能にする、“ワクチンパスポート”の提案が出されました。

また、タイで外食チェーンやホテル経営を行っているMinor・International社(MINT)からも同様の要望が出されました。

これが実現致しますと、“隔離検疫”が無くなるため観光客の方々の負担がかなり減りますので、ワクチン接種が行われている国々の観光客の方々の来タイが期待出来ます。

もっとも、ワクチン接種は各国で開始されておりますが、まだ最終的には有効性や安全性が確認されていない段階でもあります。しかも、新型ウイルスが発見され、各社のワクチンが新型ウイルスにどの程度有効かについても判明していません。

タイ政府はまたまた難しい判断を下さなくてはならないようです。

日本の防疫体制とワクチン接種は?

行政改革担当の河野太郎大臣がなぜ新型コロナウイルスワクチン接種担当大臣に就任されたのかは良く分かりませんが、まったくドタバタ劇を見ているようで理解出来ません。

安全面での問題もありますので、一概にワクチン接種が早いことが良いこととは申しませんが、副官房長官の「6月までに対象となる全ての国民に必要な数量の確保を見込んでいる」という発言が、その翌日に河野太郎大臣によって「政府内で情報の齟齬(そご)があった」と否定され、さらに副官房長官が「河野氏の発言の趣旨、真意を確認中だ」と発言。いったい何がどうなっているのか????

及川夕子氏がビジネス現代(講談社)に寄せたコラムの中にデンマークの首相に関する記載がありました。及川氏は、デンマークに在住されておられる方に取材されたそうですが、そのまま引用させて頂きますと何が素晴らしいかというと、政治家として説明責任をきちんと果たしていること。日本にありがちな『可能な限りこうしてほしい…』といった曖昧なメッセージは一切ありません。 まさに正鵠を得たりです。

難しい局面でこそ、明確な方針を示すことが大切と思います。国内の非常事態宣言だけではなく、EU諸国からも入国が拒否され苦境に立たされている日本。

がんばれニッポン!!!

二度目のロックダウン

ついにパタヤのあるチョンブリ県は、コロナ感染者数において全国2位となり二度目のロックダウンとなってしまいました。ここ数日は感染者数も減り落ち着いて来ましたが、まだ規制を解くには至っておりません。

『不要不急の外出を避けるように』との言葉通り多くの人々がデリバリーなどを利用されているせいか、パタヤは閑散としております。

オールパタヤの隣、Central Festivalの地下1階には、デリバリーのための受付が設置されています(写真ご参照)。

そのCentral Festival、何と“Food Park”までも一時閉鎖(写真ご参照)。

そして、筆者がランチタイムに良く利用する“Bread Talk”も一時閉鎖となっています(写真ご参照)。

当初、タイ政府は中国正月には多くの観光客を迎え入れたいと考えておりましたが、昨年末来のコロナ感染拡大により、難しくなってしまったようです。

オールパタヤのヤジ社長は、“とっちゃんtv”で『観光客の方々の出入国が自由になるのは7月頃ではないか』と言われていました。

確かに、ワクチン接種のタイミングなどを考えると、どんなに早くてもゴールデンウイークの頃、やはり今年の後半、7月頃と考えるのが順当のようです。

二度目のロックダウンにより、人出はめっきり少なくなり、以前のようにショッピングモールの出入りの時の登録や手洗いは厳しくなりました。

しかしその一方で、Bar Beerは一応閉まってはいますが、所々に女の子が座ってあたかも営業しているような光景を時々見かけます。

また、筆者の近所では夜遅くまで宴会をしている光景がしばしば見られます。昨年のロックダウンの時は、すぐにサイレンを鳴らした車が来たように思いますが。。。

観光客の入国が大幅に制限されて約1年。観光で訪れる方々に収入の大部分を依存しているパタヤの多くの方々は、生活が困窮しているので闇営業も致し方ないのではないでしょうか。心なしか、パタヤにはホームレスが増えてきたように感じます。

感染拡大を防ぐことはもちろん大切ですが、そろそろ“出口戦略”を示し欲しいと多くの方が願っていることと思います。経済活動の低下から失業者が増え、犯罪が増加し、社会不安が発生する、といった悪循環だけは避けて頂きたいものです。

謹賀新年

2021年は多難なスタートとなりました。

パタヤでも多数のコロナ感染者が発生し、昨年の春先のような規制が敷かれています。酒類の販売は規制されていないのが唯一の救いですが。

昨年ハイシーズンに入ってから入国規制が少しずつ緩和され、このペースで緩和が進めば春先には入国後の隔離が無くなるのではと期待致しましたが、これで一気に遠のいてしまったように感じます。

特にパタヤで感染者が発生したため、全くと言って良いほど人通りがありません。きっと多くの方々は、買物や食事をデリバリーで済ませているのでしょう。

オールパタヤ前の様子

下のビデオは、1月3日、13時頃のオールパタヤ前の様子です。

コロナ騒動も2年目になりました。これ以上規制が長引くと本当にパタヤはシャッター街になってしまいそうです。

天皇陛下のお言葉

1月1日のビデオメッセージで天皇陛下は、『感染症の拡大防止と社会経済活動の両立の難しさ』を話されていました。

オールパタヤを訪れたあるお客様は、ホテルの宿泊を延長しようと受付に申し出ると『ホテルを閉鎖するので他のホテルを探して下さい』と言われたそうです。通常では、全く信じられないような光景です。

またSoi Made in ThailandやBuakhaoでは売りに出されているBarが散見されます。もっとも、筆者は必要最低限の外出しかしないようにしており、毎日の通勤経路の様子しか分かりませんが。

それでも、天皇陛下はビデオメッセージの中で今回のコロナ騒動は『今の時代を生きる私達のほとんどが経験したことのない規模での未知のウイルスの感染拡大による様々な困難と試練』とし、『私たち人類は、これまで幾度も恐ろしい疫病や大きな自然災害に見舞われてきました。しかし、その度に、団結力と忍耐をもって、それらの試練を乗り越えてきたものと思います』と話されました。

天皇陛下のお言葉のように、今年こそ一日も早くコロナ騒動を乗り越え、普通の日々が戻ることを願って止みません。

コロナの1年

パタヤ、ロックダウン

タイ政府は、中国正月をターゲットに入国規制を大幅に緩和し、旅行者の受け入れ予定していたようですが、かなり雲行きが怪しくなりました。

先々週末から発生した、タイ国内のコロナの大量感染は、市場やカジノという不特定多数の方々が出入りする場所という条件も重なり、あっという間に近隣各県へ拡散。パタヤやシラチャのあるチョンブリ県でも検査の結果で陽性と判定された方が多数発生。ついに本日(12月30日)パタヤがロックダウンとなりました。アルコール類の販売は許されていますが、それ以外はほぼ春先の規制と同様の内容です。

春先は、タイ国内での感染が殆どなかったのに対して、今回はパタヤでも感染者が発生したため筆者も“もう対岸の火事ではない”と覚悟を新たにしました。

治療薬とワクチン

ところで、治療薬として脚光を浴びたアビガン。

厚生省から『現時点で得られたデータから、アビガンの有効性を明確に判断することは困難』との理由で承認はもらえず“継続審議”となったようです。

ただ、関係者の話によると、この“継続審議”ということは実質的には承認しないということを意味しているのだそうです(官僚用語ですね)。

さらに、“継続審議”となった理由が、アビガンを製造しているが富士フイルム富山化学が製薬業界で大手と比較すると新参者であること、そして厚生省からの天下りを受け入れてないからであるという噂があるそうです。これが事実だとすれば、まったく情けない話としか言いようがありません。

しかし、反対にワクチンに関してはものすごいスピードで審査が進められており、早ければ2月下旬から接種が始まるとのこと。そのため、データが足りない場合は海外の事例も参考にする(これ禁じ手では?)とのことで、治療薬とワクチンの審議の進め方において大きな矛盾を感じるのは筆者だけでは無いと思います。

1年の終わりに

さて、2020年はコロナに振り回された1年であったと思いますが、皆様にとってはどのような1年でしたか?

筆者にとって今年は、コロナ騒動の影響で年初に立てた計画を何一つ実行できない1年となってしまいました。若くない筆者にとってはまさに痛恨の1年、ほぼ無駄になってしまったな~と感じる日々です。

過ぎ去ってしまった日々はもちろん戻って来るわけではありませんが、2021年は失った1年を少しでも取り戻せるよう、1日1日を大切に過ごしたく思っております。

皆様とっても来たる2021年が有意義な年になることをお祈りしつつ、締めくくりのブログとさせて頂きます。

コロナ騒動、再燃

ついにタイでもコロナの大量感染が発生してしまいました。

タイ中部サムットサコン県の海産物を扱うマハーチャイ市場から発生。市場という不特定多数の人達が出入りする場所のため、あっという間に500人を超える人が検査で陽性と判明。もっとも、多くに方々は無症状とのことです(無症状なだけに厄介なのですが)。

素早い対応

驚いたことはタイ政府の対応(=決断)の早さです。サムットサコン県では、早々に以下の制限が実施されています。

・夜間外出禁止令

・飲食店は持ち帰り営業のみに規制

・娯楽施設など多くの人々が集まる施設の閉鎖

・外国人の同県への出入境を禁止。

しかし、事態はサムットサコン県にとどまらず、近隣のバンコクやパタヤでは年末恒例のカウントダウン行事の中止、アンパワー水上マーケットやメークローン線の線路市場で有名なサムットソンクラーム県ではロックダウンが決定されました。さらに、バンコクでは少なくとも向こう14日間、可能な限りの在宅勤務の要請も出されています。

新型コロナウイルス

英国では新型コロナウイルスの変異種が発見されました、やっとワクチンの接種が始まったばかりというのに。現在のワクチンが、新型コロナウイルスの変異種に効果があるのかはまだ不明のようです。

新型コロナウイルスの変異種が広がりを見せるEU諸国では、英国からの渡航者の入国を拒否するなどの対応に追われています(日本も明日から新規入国を一時停止するほか入国条件を厳しくするようです)。

賛否両論あるかと思いますが、このような非常事態では、どのような決断を下すにしても、強いリーダーシップの下、迅速な対応が肝要かと思います。かつて経験したことの無い今のような状況下では、誰が如何なる判断を下してもマスコミや評論家から必ず批判はでますので。

再びロックダウン!?

それにしても、先週のブログ(18日)で“緩和される入国とワクチン”を書いたら、タイでは集団感染が発生し、英国では新型コロナウイルスの変異種が出現しEUに拡散。まさに“天国から地獄”、コロナ騒動の収束が一気に遠のいてしまったようにも思えます、残念でなりません。

タイ政府はマスクの値段が高騰することを懸念し、マスクの価格制限を指示、さらに今後1週間程度様子を見て、場合によっては春先に行われた厳しいロックダウンを再度タイ全土に敷くと発表しました。

今は、何とか今以上にコロナ感染者が増えないこと、コロナ騒動が何とか収束に向かってくれることを祈るばかりです。

緩和される入国規制とワクチン

日本を含む56カ国の旅行者は、ビザ無しでの入国が可能になりました。しかし、出発の72時間前までの陰性証明や、14日間の隔離検疫を受けるホテルの予約は依然として必須となっています。

これに伴い、従来ビザ無しでの入国は滞在期間が30日でしたが隔離期間分が加算され、滞在期間が45日となりました。

なお、隔離期間中の検査は2回から3回に増やされるそうです。但し、将来この検査回数を増やすことによって、隔離期間を短くしようという案もあるようです。

しかし、コロナ感染が世界中で爆発的な勢いで増えており、とても隔離期間を短くするとは考えにくい状況かと思いますがどうなのでしょう。

ワクチンあれこれ

さて、今月8日からフアイザー社のワクチン接種がイギリスで開始され、日本でも同社は製造販売承認を厚生労働省に申請がだされ、承認されれば来年の3月頃から接種が始まるとのことです。

“ワクチン接種の証明書があれば、世界中、隔離無しで出入国が自由”となれば良いのですが、どうなのでしょうか?

ところで、あるマスコミによれば『ロシア製のワクチン・スプートニクVが意外に良かった』と報じていました。この“意外に”という表現が何とも意味深ですが、イギリスのアストラゼネカ社がロシア製ワクチンを組み合わせた臨床試験を始めるとのことです。

また、別のマスコミによると、インドネシアでは今月から中国シノバック製ワクチンの輸入を始めましたが、安全性をめぐって不安の声が国民から出ているため、大統領が『いずれ私が、最初のワクチン接種者となることを強調したい。使用するワクチンが安全だと国民に信頼してもらうためだ』と語ったとのことです。

いずれにしても、短期間で開発されたワクチンですので、世界中で期待と不安が交錯しているようです。副作用などで、ワクチンの接種が停滞しないことを祈るばかりです。

正解が見つからない

それにしても、東京だけで1日で800人以上が感染、フランスではマクロン大統領が陽性。もうクリスマスどころではなく、年末年始は外出禁止にでもしなければ感染拡大が収まらない気配になってきました。なお、イタリアでは年末年始の外出禁止、スイスでは22日から1カ月間の飲食店の営業禁止となりました。

また、当初コロナの押さえ込みに成功していたお隣の韓国でも感染が拡大しているようですし、コロナ対策の“正解”はなかなか見つからないようです。

南米のチリでは、ピニエラ大統領がコロナ対策違反で250万チリペソ(日本円で36万円相当)の罰金を払ったそうです。具体的には海岸を散歩中に出くわした女性に頼まれて一緒に写真を撮影。その際、マスクを着用せずまたソーシャルデイスタンスも守っていなかったとのことです。チリの事情は良く分かりませんが、このくらい厳しくしなくては感染拡大は収まらないのかも知れません。

経済活動の維持とコロナ対策、なかなかバランスをとることは難しいようですが、まずはマスク着用、可能な限り3密をさけ、不要不急の外出はしないといった一人一人の心がけが大切に思えます。