“タイ入国許可証”取得代行サービス

オールパタヤでは、タイ入国のための入国許可証(COE)の取得代行を行っております。また、“プーケットサンドボックス”、“サムイサンドボックス” での入国許可証(COE)の取得も可能です。

【目次】

・入国許可証(COE)事前申請に必要な情報

・入国許可証(COE)正式申請に必要な情報

・お客様ご自身でされる必要がある手続

・料金

・保険料金

・その他

待ちに待ったタイ、入国許可証(COE)は大丈夫?

【入国許可証(COE)事前申請に必要な情報】

下記の情報をオールパタヤにLINEかメールにてご連絡下さい。

  • パスポートの顔写真のページの画像
  • 日本の住所
  • 日本の電話番号
  • タイでの滞在先住所
  • タイの電話番号(なければ日本の携帯でOK)
  • 入国希望日
  • 滞在予定期間
  • 入国時のビザの種類(ビザ無し、NO-VISAでも可能です)
  • クレジットカード番号、有効期限、裏面の番号

(保険加入に使用するものです。カード番号を提示するのに抵抗がある方は、保険加入のページをご案内しますのでご自身で決済することももちろん可能です)

  • サンドボックスご利用の方はワクチン接種証明書渡航日の14日前までに、世界保健機関(WHO)もしくはタイ王国保健省が承認した新型コロナウィルスワクチン接種を規定の回数終えている方に限ります。ワクチンの種類は、タイ保健省、もしくはWHOで承認されたワクチンに限ります。また、接種証明書は政府・公的機関又は病院が発行する英語の接種証明書とのことです。

“入国許可証(COE)事前申請”が承認されますと、“入国許可証(COE)正式申請”となります。

【入国許可証(COE)正式申請に必要な情報】

航空券(Eチケット控え)

・ASQホテル予約確認書(サンドボックスのご利用の場合は“SHAホテル予約確認書”が必要です)

入国許可証(COE)の手続きはオールパタヤで。

【お客様ご自身でされる必要がある手続】

  • 航空券の予約
  • コロナ検査・英文陰性証明書の取得
  • サンドボックスご利用の方は、ワクチン接種証明書

【料金】

5,000バーツ

【保険料金】

  • コロナ保険料は実費になります。参考までに料金は以下のようになります。

30日 2,560B

60日 4,480B

90日 6,400B

180日 12,160B

1年 23,040B

【その他】

ノービザ(ビザ無し)で入国されても、リタイヤメントビザなどの長期滞在ビザの取得が可能です。また、弊社ではリタイヤメントビザ取得に必要な銀行口座開設のお手伝いも行っております。

同じく、ノービザ(ビザ無し)で入国されても、免許証(四輪・二輪)の取得も可能です。

以上、ご不明な点がございましたら、LINE、メール、お電話(66-38-429-610)お気軽にお問い合わせ下さい。

2021年9月14日記