All Pattaya

更新情報・お知らせ


[ 大雨・強風・洪水・雷・高波 の 警報 ] NEW_logo

タイ気象局は 7月20日 05:00 に、2022年 7月 20日 から 24日 までの間の大雨に関する警報を発表しました。

モンスーントラフが北部を横切っています。 北東部と中部上空には低気圧が発生し、ベトナム中部沿岸を覆っています。

また、アンダマン海、タイ、タイ湾で優勢な南西モンスーンが強まる。
このため、タイでは北部の一部の地域で雨が多くなり、大雨から非常に激しい雨が降る。
東北地方、バンコクとその周辺を含む中部、東部、南部では、この時期に大雨から非常に激しい雨や積乱雲による洪水、鉄砲水などの危険性に注意を促している。

All Pattaya

[ 大雨・強風・洪水・雷・高波 の 警報 ]

タイ気象局は7月09日に、2022年7月10日から7月14日までの間の大雨に関する警報を発表しました。

アンダマン海、タイ、タイ湾で強い南卓越した西モンスーンが卓越し、7月10日から14日にかけてモンスーントラフは北を滑走する見込み。
東北北部から南シナ海上空の低気圧のセルへ入り、タイは北東北地方、バンコクとその周辺を含む中部地方、東部地方、南部地方の一部で大雨から非常に激しい雨となる。




[ 大雨・強風・洪水・雷・高波 の 警報 ]

タイ気象局は6月28日に、2022年6月30日から7月2日までの間の大雨に関する警報を発表しました。

南シナ海上空を覆う猛烈な低気圧は、7月2~3日に中国南部に強まり上陸する傾向があり、6月30日から7月2日にアンダマン海、タイ湾で南西モンスーンが強まります。
それにより、タイは雨になり、北東北、中部、東部、南部、西海岸では、場所によっては大雨から非常に激しい雨が降り、この地域の人々は大雨や雨の蓄積の危険性に注意する必要があります。
鉄砲水や洪水を引き起こす可能性があり、雷雨の地域を移動する際には注意を強めてください。
農作物にも被害が発生する恐れがあり、農家の方は、予防と注意が必要です。
アンダマン海やタイ湾上部の風波が強くなる見込みです。
アンダマン海は波高2m程度、雷雨のある地域は波高2m以上、タイ湾上部は波高1〜2m程度です。
雷雨のエリアでの航行は避けてください。
気象庁からの発表に従ってください。
また、気象庁のウェブサイト または 0-2399-4012-13, 1182 で24時間情報を追うことができます。

2022年6月28日午後5時に発表。 気象局は次の発表を2022年6月29日午前5時に行います。




[ 大雨・強風・洪水・雷・高波 警報 ]

タイ気象局は5月22日早朝に、2022年5月22日から23日までの間の大雨に関する警報を発表しました。

現在、タイのメーホンソン県にある低気圧は、2022年5月20日から23日にかけてタイの北部と東北地方上部を通過し、モンスーントラフは北部、中部、東北地方を通過する見込みです。
また、アンダマン海、タイ湾ではやや強い南西モンスーンが卓越しています。

全国的に雷雨と強風が予想され、北部、東北部、中部、東部、バンコク周辺、南部では孤立した大雨から非常に激しい雨が降ると予想されています。

All Pattaya




[ 大雨・強風・洪水・雷・高波 警報 ]

タイ気象局は5月21日早朝に、2022年5月21日から22日までの間の大雨に関する警報を発表しました。

現在、タイのメーホンソン県にある低気圧は、2022年5月20日から23日にかけてタイの北部と東北地方上部を通過し、モンスーントラフは北部、中部、東北地方を通過する見込みです。
また、アンダマン海、タイ湾ではやや強い南西モンスーンが卓越しています。

全国的に雷雨と強風が予想され、北部、東北部、中部、東部、バンコク周辺、南部では孤立した大雨から非常に激しい雨が降ると予想されています。

All Pattaya




[ 大雨・洪水警報 ]

タイ気象局は5月18日に、2022年5月18日から24日までの間の大雨・洪水警報を発表しました。

タイ全土に大雨と洪水を引き起こす可能性がある、強いモンスーン (低気圧) がタイ南西に発生したとのことです。

特にパタヤ地域は、20日から24日まで、注意が必要とのことです。 タイ湾の波の高さは、約2メートル近くになる可能性があります。 また、雷雨の際は、外を歩くのは避けてください!とのことです。

All Pattaya




[ 雨季入り ]

タイ気象局は、5月13日からの雨季入りを発表しました。

例年より早い雨季入りとなります。
雨季の期間中でも雨が少ないとされる期間があり、今年は「6月中旬から7月中旬まで」とのことです。

逆に、8月から9月は例年より雨が多い予報で、「台風と重なると、洪水に注意するように!」とのことです。


*雨季と言っても、日本の梅雨のように一日中雨が降り続くことは少なく、毎日1~2時間程度の激しいスコールが降ります。
暑い日が続きますが、雨の後は涼しくなりますのでむしろ過ごしやすいです。







FireFox等の場合は、[戻る]ボタンを押しても、戻らない場合がありますので、このWindowを閉じてください。