オールパタヤ・どこにも負けない価格で安全と安心をご提供。

パタヤで観光「サンクチュアリー・オブ・トゥルース」

パタヤが誇る巨大木造建築「サンクチュアリー・オブ・トゥルース(日本語では『真理の聖域』の意)」とは・・・30年以上現在まで建築が続いており、「アジアのサグラダファミリア」や「トゲトゲ寺院」として知られています。トゲトゲ寺院と言っても宗教的な意味合いは無く、資産家であるレック・ヴィリヤファン氏が地上に天国(聖域)を再現しようという試みから1981年に私費を投じて建築を開始したモニュメントです。

海の湿気と日光から非常に劣化しやすく、現在も建築と修繕作業が行われているため、中に入るにはヘルメットの着用が必要です。金属の釘を一切使っていないにも関わらず、100メートル以上の高さを持ち異彩な雰囲気を放つサンクチュアリーオブトゥルースは、タイ国内外から多くの人々の興味を集めています。
離れには工房があり、間近で製作風景を見学することができます。彫刻や建築様式はタイだけでなくインド、中国、カンボジアの技術、歴史や思想を取り入れており、独自の表現が見ものです。彫刻はお土産として購入することもできますよ。

サンクチュアリーオブトゥルースでは、施設内でタイの伝統舞踊やムエタイのショー、象に乗ってトレッキング、馬車の送迎、民族衣装の貸出、それら一連のアクティビティを写真に撮ってくれたりと見学以外にも色々楽しめるようになっています。(それぞれにお金が発生するところがミソですが。)パタヤでしか見ることができない不思議な建造物、是非一度見に行ってみてはいかがでしょうか。

象に乗ってみよう

ひととおり見学した後は、象に乗って建物の周りを一周できます。歩いて周るのとはまた違い、海とサンクチュアリーオブトゥルースを間近に見ながらのトレッキングは他とは違った風景が楽しめておすすめです。

馬車に乗ってみよう

サンクチュアリーオブトゥルースの入口から、建物が全て見えることが出来るようになる高台までは徒歩で5分ほどです。その間馬車に乗って移動することもできますよ。日中、特に雨季は気温が非常に高くなるので、優雅に馬車で移動するのもアリかもしれません。別料金ですが、施設内の周遊もできます。

タイムスケジュール(ご出発時間はご希望に合わせて設定できます。)
9:00 ホテルピックアップ
9:15 サンクチュアリーオブトゥルース到着
  ※自由行動です。
  ※タイ伝統舞踊ショー
   11:30~、15:30~の2回行われています。    
12:15 サンクチュアリーオブトゥルース出発
12:30 ランチ(ムンアロイ)
  シーフードが美味しくいただけるレストランです。
  レストランも開放的なシービューで、ナクルアの海が一望できます。   <詳しくはこちら>
13:30 ムンアロイ出発
13:50 ホテル到着
※表内  ・B=タイバーツ  ・弊社手数料込みの値段です。
送迎料金(予約するにはご利用車両をお選びいただき、記載された料金をクリックしてください。)
※チケットのみご希望のお客様もこちらからご予約の上、ご希望内容を備考欄にご記入ください。 
ホテル⇔サンクチュアリ往復  
セダン(1-3名様)
1000B
 
ミニバス(4名様-)
1300B
ホテル→サンクチュアリ→ムンアロイ→ホテル  
セダン(1-3名様)
1500B
 
ミニバス(4名様-)
1800B
注意事項
営業時間 年中無休 8:00~17:00
入場料 大人 450B、子供 200B
※サンクチュアリーオブトゥルースの見学、木の彫刻見学が含まれます
オプション ◆スピードボート乗船 約20分 大人200B、子供200B
(サンクチュアリーオブトゥルースを海から見ることができます)
◆エレファントトレッキング 約30分 大人300B、子供250B
(建物の周りを象に乗って1周します)
◆乗馬 約25分 大人200B 子供200B
(建物の周りを馬に乗って1周します)
◆馬車 約15分 大人100B 子供50B
(建物の周りを馬車に乗って1周します)
備考 ※露出の多い服装だと入場を拒否される場合があります。ノースリーブの場合は羽織りものなどを用意してください。ミニスカートや短パンは避け、長いパンツやスカートを着用してください。お持ちで無い場合には入口でストールを借りることができます(200Bかかりますが返却時に返金されます)
※馬やゾウにあげるエサは館内で提供されるものに限ります。
※ツアー申込はご出発の3日前まで受け付けております。それ以降についてはお問い合わせください。変更には手数料がかかる場合がございます。
※チケットをご希望の場合はご予約備考欄にご希望の種類と枚数をご記入ください。チケットのみの場合は手数料としてチケット代+お1人様あたり100Bを頂戴いたします。

↑ PAGE TOP